Pages

  • RSS Feed

2014年11月25日火曜日

苦楽園「パンタグリュエル」

0 コメント
 
関西パン屋巡り46軒目。

苦楽園にひっそりと佇むお店、「パンタグリュエル」。自分が拝読している某ブログで紹介されていたので行ってみた。
そのブログでも書かれていたが、当ブログで紹介している他のお店のようにキラ星の如きパンがずらっと並ぶようなお店ではなく、粛々とパンを焼き続けてきた周辺住民の生活に根ざした、歴史を感じるパン屋さんだ。
そんなパン屋さんなのだが、パンのラインナップそのものはいわゆる町のパン屋さんとはちょっと違ってエッジの効いたものになっており、本格的なフランスパンやライ麦パンなどが前面に押し出されている。またパン・ド・ミなども結構いいお値段しており、自らのパンに対する自信の程が伺われる。

・バゲット
実に素朴でシンプルなバゲット。ただ、確実に美味い。複雑さはないけども、どっしりと麦の味わいは感じられる。バゲットは本来クラストを頂くパンであるようだが、こちらはクラムがメインであるように思う。

・ライ麦パン
ライ麦の配合比率が少ないこともあり、酸味などのライ麦らしさは控えめ。生地のハードさもほどほど。こっちも正直特筆すべき特徴があるわけではないのだが、美味い。

・クロワッサン
これは正直に言って、他の有名店に比べると、またこのお店の他の商品に比べて見劣りした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

 
© 2012. Design by Main-Blogger - Blogger Template and Blogging Stuff